令和2年7月26日 : 大元・宗忠神社 大祓い夏まつり

旧暦6月と12月の末日に「大祓(おおばら)い」が行われ、半年間につもった心の厄災を祓い、罪けがれをきれいに洗い清めるという日本古来の伝統行事です。
六月(みなづき)祓いは、夏越(なごし)の祓い、茅(ち)の輪(わ)くぐり、輪くぐりさんなどの名称で親しまれています。
大元 宗忠神社では、奉納習字展、武道大会、ジャズコンサート・大抽選会など盛りだくさんの楽しい夏まつりを催しています。