平成30年12月22日 : 冬至大祭併せて特志信徒祭

霊地神道山・大教殿では、12月22日(土)「冬至大祭併せて特志信徒祭」が執り行われます。

教祖宗忠神が文化11年11月11日(旧暦)の冬至の朝、「天命直授」とよばれる神秘的宗教体験・お悟りを得られた日で、黒住教にとって最も大切な日です。
また、この御祭りに併せて「特志信徒(特に篤い志をもって教団の取り運びにつとめる教師・お道づれ)祭」が執行されます。

このみ祭りはこれまで1月に行われてきましたが、平成29年より冬至大祭に併せて斎行される運びとなりました。