平成29年6月25日 : 大祓大祭

神道において、節目節目の祓いは大切につとめられているところであり、六月晦日、すなわち6月30日は、一年のうちで大晦日に次ぐ大きな節目として、古来、大祓の神事が執り行われてきました。
心身を祓い清めるための大きな“茅の輪”も神道山の正参道鳥居に設えられます。

教祖宗忠神は「祓いは神道の首教なり」と教祖様は御教え下さっております。
ともどもに今年前半の“罪けがれ”を祓い清め、心新たに後半の半年をお迎えいたしましょう。